特産果物使いラスクを商品化

2012年 02月08日

瀬戸農産物加工企業組合(瀬戸町大内)は、地元特産品を使った「貴婦人のラスク」を商品化しました。(2月8日山陽新聞朝刊に掲載されました。)
このラスクは、岡山市内の製菓業者と共同開発。フランスパンにトマト、白桃ピオーネ、太秋柿の果肉を加え焼き上げ、サクサクとした食感で、果実の香りが広がる上品な味に仕上がっています。

seto24.2.8.jpg

seto24.2.8ラスク.jpg

山陽新聞記事 24年2月8日seto.pdf



ページTOPへ