公用文等における日本人の姓名のローマ字表記について

2019年 11月20日

国際交流の機会の拡大に伴い、異なる国の人同士が姓名を紹介し合う機会は増大しつつあります。
そんな中、言語や文化の多様性を意識し、生かしていくことが重要になっています。

そのため、日本人の姓名のローマ字表記については「姓-名」という日本の伝統に即した表記としていくこととなりました。
今まで、日本人の姓名のローマ字表記については、「名-姓」の順となっていましたが、今後は「姓-名」の順で公用文等に表記されます。

詳しくはこちらの文書をご覧ください。
「公用文等における日本人の姓名のローマ字表記について」



ページTOPへ