「植物を使った壁画」のギャラリー出現:赤磐市下市(12/11山陽新聞東備版)

2009年 12月11日

植物で壁画を描くデザイナー内海浩二さん(倉敷市西阿知町)の作品展「森のクリスマス」が10日、赤磐市下市のギャラリー「カフェドグラス」で始まっています。壁を埋めた緑の色彩が、癒やしの空間を作り出しています。

クリスマスにちなみ、森の中にある教会の窓から、屋外に広がる緑の景色を眺めるイメージで制作されています。高さ2.7メートル、横11メートルの白い壁面に、赤やピンクの花が咲くシクラメン、赤い実が付くヤブコウジ、クリスマスローズなど約50種類約1千本の植物で、アーチ形の三つの"窓"が設けられています。

 窓は、それぞれ「喜び」「誕生」「秘密」を表現。明るい色の葉で埋め尽くし、生命力があふれるように鮮やかな花を取り入れ変化を付けています。壁面には自動循環で水を流し、そのしたたる音がより心を安らげてくれます。
 
●公開時間:午前11時から午後8時まで。12/27まで。入場無料。
●問い合わせ:カフェドグラス
(TEL:086-955-4548 住所:岡山県赤磐市下市92-1)

【参考HP】
➤山陽新聞記事 http://svr.sanyo.oni.co.jp/news_s/news/d/2009121110050224/

➤カフェドグラス http://www1.odn.ne.jp/~cao34500/index.html



ページTOPへ