2013年再出発~阪神淡路・大震災をへて~ 赤磐・和気商工会青年部合同講演会を開催

2013年 02月27日

2月26日(火)午後6時30分より、山陽産業会館にて赤磐と和気の青年部で初めて合同での自主講演会を開催しました。
講師には、商工会青年部の先輩でもある㈱アテーナソリューション、代表取締役の立石裕明氏をお招きにしました。
兵庫県淡路島でホテルを営んでいた立石さんは、阪神淡路大震災で被災しゼロから再出発をした体験、またリーマンショックによる急激な経営危機を経験されています。
事業承継は、今まで飯を食べさせきてもらった親父にまず感謝し、これまでの「知恵」「工夫」「経験」を引き継いでいくことから始まる。
青年部員は、地域の若手リーダーである。それなら商工会青年部は、何をすべきところか!もちろん地域の活性化事業も大切であるが、それは「経営の勉強をするところである」、そうすれば、青年部員も増え地域も活性化すると訴えました。
立石さんご自身が商工会青年部OBであったことから青年部に対する思いは強く、若手後継者のすべきことを熱く語られました。
その後、開催した赤磐・和気青年部交流会では立石さんと県青連の光森会長も交え、参加した青年部員は心を新たにますますやる気になったことと思います。
20130226_1.jpg2013022600_2.jpg



ページTOPへ