職場における熱中症予防対策をご存知ですか?

2011年 05月26日

猛暑となった平成22年度、岡山県内において熱中症による労働災害で3名の方が亡くなっています。
特にこれからの季節、高温多湿な環境では熱中症が多発しやすくなります。事業主さん、働く皆さん、職場の熱中症予防に努めましょう。
自覚症状の有無に関わらす、水や塩分を摂り、透湿性・通気性の良い服装を着用し仕事をしましょう。
めまい、失神、筋肉痛、大量発汗、頭痛、気分の不快、吐き気、嘔吐などの症状に注意。



ページTOPへ