青年部講習会「中小企業が金融機関とうまくつきあう方法」開催しました。

2011年 08月25日

8月19日(金)、午後6時30分より、山陽産業会館にて「中小企業が金融機関とうまくつきあう方法」と題して若手経営者と後継者を対象に講習会を開催しました。
講師に、中国銀行赤磐支店の林支店長をお招きし、金融検査マニュアルのポイントや銀行は中小企業とどのようにつきあいたいのかといった内容の話を聞きました。
金融機関が求めるのは、会社のことがもっと知りたいという事です。例えば、その会社の製造の仕組だったり、今後の受注見込みだったり、販路開拓の取組みであるという、決算書だけではなかなか把握できない事も情報共有したいという事です。そのためには、第三者にも分かりやすい経営計画の作成が重要であるという事です。
参加者からも「経営計画が大切であることが良く分かった」という声を聞く事が出来ました。

青年部では、部員の希望を取り上げて講習会等を企画しています。青年部に興味のある方は、随時商工会事務局へお問い合わせ下さい。なお、加入資格は、赤磐商工会会員事業所であり、かつ経営者及び後継者で満40歳以下の男子です。

20110819_2.jpg



ページTOPへ