経営者にも退職金を!―小規模企業共済―「安心」をサポートする国の共済制度です

2011年 09月22日

 廃業時の退職金を、老後の生活資金を、転業時の事業資金を、かしこく節税しながら準備いただけます。

 小規模企業の個人事業主が事業を廃止した場合や会社等の役員が役員を退職した場合など、第一線を退いたときに、それまで積み立ててこられた掛金に応じた共済金をお受け取りになれる共済制度です。

★制度を知ろう!
Q.小規模企業共済って何?

⇒小規模企業共済は国がつくった「経営者の退職金制度」です。

★共済金を確認しよう!
Q.どんなメリットがあるの?

⇒毎月の掛金は全額所得控除になります。また共済金は分割受け取りが可能です。

★加入方法を確認しよう!
.加入するためにはどうすればいいの?

⇒中小機構と委託契約をしている赤磐商工会も加入窓口ですので、お気軽にお問い合わせ、ご相談ください。

★加入対象者の拡大!

⇒個人事業主の「共同経営者」で一定の要件を満たす方が、小規模企業共済に加入できることになりました。

○共同経営者とは・・・
 個人事業の経営に携わる方で、一定の要件を満たせば、個人事業主の配偶者後継者親族以外の方も加入することができます。
 ただし、加入できる共同経営者は1事業主につき「2名」までとなります。



ページTOPへ